科学の発展は、同時に文学の衰退でもあった。19世紀末、ギュスターヴ・ランソンは、科学的な文学史を樹立しようとする立場から次のように述べた。「科学がほとんど存在せず、学理が少しも...

続きを読む

プロフィール画像

菊坂 高踏

作者は自らの作品において、宇宙における神のごとく、随所に顕れつつも、どこにも姿を見せてはならない。──フローベール

批評家
(文学・思想・美術)

日本